「ヲタ道だけはまっしぐら」

「ひねくれ者だが好きなことにはまっしぐら」な私が好きなこと好きなものに情熱を注ぐ人たちを応援するブログ 「好きなものは正義!!」

<ネタバレ注意>仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL感想

仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー オリジナルサウンドトラック

 

みなさんこんにちはクウガです。

 

本日公開の「平成ジェネレーションズFINAL」を見てきましたので早速、映画の感想を語っていきたいと思います。

 

今回の映画は「ビルド本編」「トゥルーエンディング」「オーズ本編」「Movie大戦MEGAMAX」を見ておくと100倍楽しめる作品となっていましたので今から見に行く方はぜひ視聴してから映画館へ行くことをオススメします‼︎(結構難題)

 

(※映画本編のネタバレ成分が含まれております。)

 

 

 

トゥルーエンディングの時に書いた記事はこちら↓

 

www.comblog.biz

 

 

映画のポイント1(世界観・時系列)

 

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング [DVD]

 

・映画の時系列はビルドTV本編14話(明日放送)以降

(トゥルーエンディングから一週間後)

 

・物語の始まりはトゥルーエンディングのエピローグ・・・の夢を見る戦兎

(ビルドが永夢からエグゼイドの成分を抜き取るシーン)

 

・永夢からエグゼイドの成分を抜き取ったのは戦兎ではなくビルドに変身した

葛城巧

 

・ビルドとエグゼイドの世界観は「パラレルワールド」

 

「スカイウォールのある世界」→ビルドの世界

「スカイウォールのない世界」→エグゼイド〜Wの世界

 

 

・トゥルーエンディングの後パラドはビルドを追っての世界へ

映画本編では龍我がエグゼイドの世界へ飛ばされる。

 

・2つの地球が衝突→ディケイド1話を彷彿させるような表現

 

 

 

今作は今までの冬映画と違って世界観が完全パラレルでした。

まあエグゼイドの世界に無理やり「スカイウォール」の設定を持ってくるのは流石に無理がありますからね〜

 

映画のポイント2

仮面ライダービルド DXラビットタンクスパークリング

 

・新ボトル「フェニックフルボトル」「ロボフルボトル」はマスターが戦兎に渡す

 

・マスターに対して戦兎が「なぜ俺たちを裏切った⁉︎」発言

 

・葛城巧は今回の黒幕「最上魁星」の元助手

 

・最上の目的は「2つの世界の自分と1つになり不老不死の力を手に入れる」

 

・「スカイウォールのない世界」の最上魁星は財団X関係者

 

・財団Xは未だに存在している。

 

・財団Xの技術によってコアメダル、ゾディアーツスイッチからグリード、ホロスコープスが再生される

 

・財団Xが作ったコアメダルは縁の色が金色ではなく銀色(もしかしたら自分の見間違いかも・・・)

 

万丈龍我が仮面ライダーとして戦う理由を見つける物語でもあった

 

レジェンドライダー達の活躍

仮面ライダーフォーゼ 変身ベルト DXフォーゼドライバー

今回レジェンドライダーの中で一番出番があったのはやはり「オーズ」でした。

まあ「アンクとの再会」というのもあったので当然の結果かな〜

 

あと予算食い虫ガタキリバやタジャドル(アンクver)

にもフォームチェンジしていましたね〜 

 

その次がフォーゼでした。

フォーゼ勢は弦太郎だけでなくJKや大杉先生の出番が多かったので

仮面ライダー部一丸となって戦っている感じがしました。

 

その反面ガイム、ゴーストはオーズ&フォーゼに比べて出番が少ないと感じました・・・

 

(相変わらず神様こと絋汰はレジェンドライダーで唯一ビルドの世界へ行ってました

 ホント神様ってすげえな・・・・)

仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DX戦極ドライバー 仮面ライダー鎧武&バロンセット 【日本おもちゃ大賞2014 2013年度ヒット・セールス賞】

アンク復活の謎

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX

 

最上によってアンク(完全体)が鳥系メダルから再生される→映司の呼びかけにより異変が起きる→ビルから落下するアンク(完全体)を助けようと映司が手を伸ばす→

映司が持つ「割れたタカメダル」がアンク(完全体)に取り込まれアンクが復活

 

今回全オーズファンが気になっていた「アンクはどうやって復活するのか?」

の真相はこんな感じでした。

 

しかし完全復活というわけではなく、最上との戦いが終わった後、映司からアイスを受け取ったアンクはまた割れたタカメダルへと戻って行きました。

 

 

復活した時のワイの心情↓

「あああああああああああアンクううううううううう‼︎」

 

タカメダルに戻るシーン↓

「ああああああああアンクうううううううううううう‼︎」

 

 

映司達が目指していた「いつかの明日」はまだ先みたいですね・・・

それでもオーズファンの自分としては映司とアンクがまた一緒に戦っている姿を見れて本望でした。

 

映画後残った謎

仮面ライダービルド DXフェニックスロボフルボトルセット

 

・エピローグで登場した北都の新ライダー「仮面ライダーグリス」は誰なのか?

 

・なぜマスターが北都のフルボトル(「フェニックフルボトル」「ロボフルボトル」)を持っていたのか?

 

・マスターの目的・思惑は???

 

・なぜ葛城巧の記憶が戦兎の夢に出てきたのか・・・?

 

・「え?今回春映画やんないの・・・・???」

 

・「アマゾンズ映画化ってマジかよ・・・・!?」

 

 

う〜ん・・・・もしかしたら「仮面ライダーグリス」=マスターなのか・・・?

もしそうであればマスターが北都のフルボトルを持っていたのも辻褄があうな〜

 

それは今後の本編でのお楽しみってやつなんですかね〜

 

 

 

まとめ

 

 「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」はキャスティング最高、アクション多め、バイクアクション多めとなかなかいい映画でした。

 

またオーズ、フォーゼファンにはグッとくるシーンも多く、ビルドは本編に関わる謎が

深まったりと新旧どちらにも焦点を当てていて、素晴らしい脚本だなと感じました

 

しかし財団Xがまだ消滅していなかったりと未消化な部分もあったのでその辺は次の冬映画に期待したいと思います

 

 

(・・・・・待てよ・・・平ジェネ今作品で最後か・・・来年どうすんだろ・・・)

 

 

以上クウガでした‼︎