「ヲタ道だけはまっしぐら」

「ひねくれ者だが好きなことにはまっしぐら」な私が好きなこと好きなものに情熱を注ぐ人たちを応援するブログ 「好きなものは正義!!」

平成最後の冬映画⁉︎「平成ライダージェネレーションズFINAL」を今から予想!!

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

 

 

どーもみなさんクウガです。

 

先日エグゼイドの夏映画が公開され、特報として平成ライダー毎年恒例の「冬映画」

の情報が少し解禁されました。今回は少し早いですが予想を立てていきたいと思います。(毎回のことですが気が早すぎるんだよなあ・・・)

 

 

 

 

今回は「平成」最後の冬映画

 

劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング上映後の予告にもあった通り
今回は「平成が終わる」ということで平成仮面ライダー最後の「冬映画」となるそうです。
その名も
「平成ジェネレーションズFINAL」!!!!
(そこ!!平成ジェネレーションズが一作しか出てないとか言わない)

といってもMOVIE対戦→平成ジェネレーションズと名前が変わっただけだったので
実質「冬映画」という括りですね。

 

それはさておきディケイド&Wから始まり前回のエグゼイド&ゴーストまで約
8年間「冬映画」が続いてきました。


そして今回その集大成として「平成ライダージェネレーションズFINAL」が公開される予定です。

 

自分は冬映画集大成にある幾つかの予想を立てております。(気が早すぎるのは割愛)

 

1.ディケイドorW(オリキャス)出演説

 

これはあって欲しい(てか絶対あってくれ)シュチュエーションだと思ってます。


冬映画のきっかけを作ってくれたディケイド、Wがエグゼイドやビルドといった後輩ライダー達を助けるシュチュエーション!!想像しただけで失神モノです。

 

この説を自分が推す決定的なものとして「ビルドのデザイン、設定がWの企画時に出た案」「この夏コミック版仮面ライダーWの「風都探偵」が連載スタートをした」という2つの理由があります。

 

「じゃあなんでディケイドも出ると予想してんだ!?」と思われる方も多いと思いますが
上記の通り「冬映画を作るきっかけとなった存在」「それぞれ別の世界として存在していた仮面ライダー達の世界を繋げてくれた存在」だからです。

 

この説で一番問題となるのが「おいおいフィリップ(菅田将暉)呼べんのかよ」ということですが菅田将暉さん本人は「自分は仮面ライダー出身」だとTVで言っていたりドラマの中でフィリップを思わせる発言をしていたことから製作陣の頑張り次第で呼べるのではないのかなと思います。(頑張ってください!!製作陣の皆さん!!)


他二人は平成対昭和に出演したりしていたので今回も出演okになると思います。


まあできるのであればディケイド〜ゴーストまで全員オリキャスで集合して欲しいものですね。

2.敵は「財団X」説

これもあって欲しい展開です。 


財団Xは通称「死の商人」として「仮面ライダーW」の時ミュージアムのガイアメモリ開発に資金援助していた組織でWの物語が完結してからも「仮面ライダーオーズ」ではコアメダルの研究に「仮面ライダーフォーゼ」ではアストロスイッチの研究に資金援助をしていたのですが、ウィザード〜ゴーストには全く動きを見せなかったので一部からは「自然消滅したんじゃねーの?」思われていました。

 

しかし「仮面ライダーエグゼイド」のビーストスクワットの際まだ組織が存在していることが明らかになりました。ある意味財団Xは平成二期共通の敵組織と言えるべき存在です。

 

そして何よりも現時点で「ボス」の存在が明らかになっていません。


今回の映画でついに財団Xのボス登場してもおかしくないのではないかなと思います。

 

ディケイド+平成二期ライダーVS財団エックス本部

もし実現すればかつてない戦いが繰り広げられそうですね。
(個人的にはW〜ビルドまでのファイナルフォームライドが見てみたいです。)

まとめ

まだ公開決定しか情報解禁がされていない「平成ライダージェネレーションズ FINAL」今後情報が1つずつ解禁されていくと思いますが今回は思う存分期待して情報を待てそうです。


また情報が解禁されたら予想・考察を行なっていこうと思います。
以上クウガでした。